かやぶきの里北村

トップページ

アクセス・観光案内

通信販売

プライバシーポリシー

サイトマップ



美山民俗資料館

特産品かやの里
お食事処きたむら
北村きび工房
民宿またべ
かやぶき交流館
民俗資料館

トップページへ

アクセスのご案内

美山民俗資料館の運営は「かやぶきの里保存会」がおこなっております。
お問い合わせは保存会までお願いします。
TEL/FAX 0771-77-0587

 平成12年の火災により焼失、平成14年に復元された当資料館。北山型かやぶき民家の母屋・納屋・蔵が公開されています。
 焼失前の姿を正確に再現するため、 かや屋根の下地でハの字型に組み合わせる丸太(たる木)や、台所のすのこ天井の竹などに、いろりの煙でいぶされた黒光りする古材を使っています。
 また、約二百年前の建築当時の姿に忠実に、北山型民家の特色の一つである上げ庭が土間に復活しました。
屋根の下部も焼失前より三十数a長くし、軒下を深くして、重厚さを増しました。
地区内で再調達された、古くからの農機具、生活道具など約200点以上が展示され、美山のかつての生活を体感できます。珍しい貴重なものも多く展示されています。

美山民俗資料館の運営は「かやぶきの里保存会」がおこなっております。
お問い合わせは保存会までお願いします。
TEL/FAX 0771-77-0587

営業時間(季節により異なります。)
12月〜3月 10:00〜16:00  4月〜11月 9:00〜17:00
休館日 年末年始
入館料 大人300円  小・中・高生 150円





平成12年(2000年)5月の不審火で消失したかやぶきの里のシンボル、「美山民俗資料館」。平成14年(2002年)10月16日の完成式までの再建の歩みをご紹介します。
平成13年(2001年)9月14日撮影
再建開始です。
平成13年10月中旬撮影

「はり」や「こやはしら」が建ちました。
平成13年11月中旬撮影

棟上前日の写真です。


11月22日には餅まきをしてみんなで祝いました。↓
平成13年12月上旬撮影

屋根葺きの準備も完了しました。
年内には屋根葺きを終わらせる予定でしたが、天候が不順なため作業が思うように進まず、平成14年1月中旬まで作業が続く予定です。
平成13年12月23日撮影

12月23日には「破風(はふ)」が上がりました。
平成14年1月12日撮影

平成14年1月8日で屋根葺き作業は終了しました。
築200年と言われる民俗資料館ですが、今かやぶきの里で一番新しい屋根です。
 

納屋の復元
平成14年(2002年)10月16日

美山民俗資料館竣工式
(2日より仮オープン)
そばの花がきれいな季節に、無事オープンすることができました。


茅葺屋根の葺き替え〔茅葺の材料〕 
私たちの地区(北村)では、茅葺のことをくず屋葺とも言い、茅、麦わら、麻の軸木(おがら)を組み合わせて屋根を葺いていました。一番重要な材料である茅にはオガヤとメガヤがあり、オガヤは集落の周辺に、メガヤは山の高いところに自生しています。メガヤの方が茎が細く、穂が短いため緊密に葺けるので、材料として適しています。最近では茅場が少なくなり、その確保に苦心しています。
茅は11月から雪が降るまでの間に刈り取り、径30cmほどに束ね、それを10束余りまとめ、円錐形に立てておきます。
これをカヤタテと言って、翌年の3〜4月まで屋外で乾燥させます。
茅の分量は、締(シメ)と束(タバ)があります。締というのは4mの縄で結んだ茅の分量をいいます。束はそれぞれが適当に束ねたもので、一束の大きさはまちまちです。このため正確な分量を伝えるときは、締で表現するのが普通です。ちなみに1締は15〜30束ぐらいに相当し、屋根全体を葺くためにはおおむね250〜300締の茅が必要となります。

茅葺屋根の葺き替え〔茅葺の技法その1〕
下地(足場)ができると軒先から葺きはじめます。まず、おがらをシタジ竹の上に並べ、わら縄で竹に直接編みつけていきます。その上にわらを2把ずつ並べ、オサエ竹で押さえて、わら縄でレン(下地となる縦に並べた丸太)としばりつけます。さらにその上に短いかや(キリカヤ:先4分、元6分に切ったかや)を置き、長いかやを乗せ、オサエ竹で押さえてわら縄でレンと結びます。この作業を軒付けといい、このように作られた軒先は50cmほどの厚さとなります。
軒付け以降はかやだけで葺いていきます。キリカヤ、ナカオサエ(短めの全長のかや)、キリカヤ、オサエ(長めの全長のかや)を順番に積み上げて、その上をオサエ竹で押さえて、わら縄でレンと縛り付けていきます。これを繰り返し棟まで葺き上げていきます。

茅葺屋根の葺き替え〔破風について〕
破風は、小間(こま:かやぶき屋根は見る方角によって四角に見える部分と三角に見える部分がありますが、四角を大間、三角を小間と言います。)の一番上にある三角の部分です。風通しの役割や、昔はすべての家が囲炉裏をたき家中を煙でいぶしていましたので、煙を抜く役割などがあります。もともとは真ん丸い穴があいていただけですが、ちょうどこの集落にかやぶき民家が建ちだした200年位前から、破風にも飾り付けをするようになってきました。真ん丸い穴ではなく、家紋を彫ったり、魚の形をした彫り物(けんぎょ)を付けたりするようになってきました。この集落には8種類程度の家紋が施されています。


有限会社かやぶきの里-京都府南丹市美山町北- <電話0771−77−0660 FAX0771−77−0663>
Copyright since2009 kayabukinosato Ltd. All Rights Reserved